SEOサバイバル

CONTENTS

用語集

わかりにくい言葉を解説します

不動産

不動産

古い不動産に比べると新しい物は耐震基準がだんだん強化されつつある傾向にあります。

ですので、不動産を借りたり購入したりする時には、築年数を見ると、新しい方がより強度の強い場合が多いでしょう。

逆にいうと不動産として建物を建てる場合震度の基準があるので新しいものは設計上は安全であるということができます。

また、耐震や免震、制震などいろんなアプローチから地震対策を行われています。しかし、これらは大きな地震が起きても、全く住宅が壊れないというものではありません。

それは、小規模な住宅、不動産開発の場合、耐震の制限が設けられないことがあるからです。

住民が無事に避難できる様に壊れるのを遅くしたり、または壊れにくくする事はできても、完全に無事だという事は保証できません。

しかし、強度はあるに越した事はありません。時には命に関わる事もありますので、しっかりと選びたいですね。